WORDS

◎カメラマン(写真)の仕事内容と求められるスキル

カメラマンとは、カメラの取扱いのプロであり、様々な場で活躍しています。
基本的には、顧客から依頼を受けて写真を撮影するのが仕事内容となります。
現在では、子供の運動会などの記念アルバムから、ビジネスにおける履歴書に至るまで、幅広く写真が使われています。
その為、自分のアイディア次第で、いくらでも仕事を取れるのです。

さて、カメラマンに求められるスキルといえば、やはり技術力です。
プロである以上、顧客が満足するだけの良い写真を撮影できる技術がなければいけません。
ただし、一般の養成学校を卒業した程度では不十分なので、他のカメラマンに弟子入りする事をお勧めします。
なぜなら、それによって、より実践的なスキルの習得ができるからです。

その時に注意したいのは、自分の目指す方向性とのマッチングです。
例えば、スタジオでの屋内撮影にしても、行事向けと雑誌向けではまったく違います。
既に活躍しているプロの中でも、自分の希望する専門分野に強い方につきましょう。

しかし、それだけでは、プロのカメラマンとしてやっていくには不十分です。
自分に仕事を依頼してくれる人脈がなければ、いつまで待っても仕事はこないでしょう。
したがって、自分を積極的に売り込んでいく営業力も、スキルとして求められます。
もちろん、そういった場で提示する為の写真は、事前に作品集として準備しておくべきです。

また、カメラマンの仕事は、紹介によるものが多いです。
だから、取引先だけではなく、同業者との横のつながりも大切にするべきです。

一覧へ戻る

このウェブサイトのコンテンツの著作権は、株式会社ACE(以下当社)に帰属しています。

このウェブサイトに掲載されている如何なる情報について、他のウェブサイトや印刷媒体に転載することはできません。