WORDS

◎メイクアップアーティストの仕事内容と求められるスキル

メイクアップアーティストは、映画やテレビ、雑誌制作、ファッションショー、結婚式の際のスタッフとして、俳優やミュージシャン、タレント、モデル、結婚式なら花嫁さんなどにメイクを施すプロの技術者です。 具体的な仕事内容を見ていきましょう。 芸能界に触れたり、ブライダルなどに触れるとても華やかな場所で活動するお仕事で憧れる方も多いですが、就職先によってはとても大変なお仕事です。 ドラマや映画などになると早朝から夜中までお仕事に同行しなければなりませんし、ロケなどの現地にもついていかなければなりません。それはどんな所であってもです。 タレントの専属メイクアップアーティストになった場合は、芸能事務所などで準備をしてから本番にメイクを施したり、仕事の間ずっと同行をしてメイク直しを頻繁に行います。 それから、次回の打ち合わせなども行っていきます。 メイクアップアーティストは、ただ流行のメイク施すだけではなくて、基本の知識などを踏まえながら、その人の骨格や肌質などに合わせて、現場で求められるシーンに合わせてメイクを施さなければならないので想像力、創造力のスキルが大変必要となります。 また、衣裳に合わせたメイクを施さないといけませんので、センスや感性も重要スキルです。 それはやはり数をこなすことで培われていきますが、スクールなどで基礎を学びその技術を生かしたり、流行に合わせてアレンジすることがポイントなので、日々勉強の毎日になるでしょう。

一覧へ戻る

このウェブサイトのコンテンツの著作権は、株式会社ACE(以下当社)に帰属しています。

このウェブサイトに掲載されている如何なる情報について、他のウェブサイトや印刷媒体に転載することはできません。