用語集

Cゾーン

Cゾーンとはこめかみから頬骨にかけて骨が盛り上がっているC形の部分をいいます。Cラインとも呼ばれています。 顔が大きく見えるのは、凹凸がなく平面的であることが原因です。このため顔に立体感を出すようにすると、顔のラインが引き締まり、小顔に見えます。 Cゾーンにハイライトを入れると目の両側が明るくなり、顔にメリハリが付きます。立体感がでて小顔効果が現れます。また、目元全体が明るくなったように見え、目尻が上がって目元にハリが出ます。 メイクの方法は、ファンデーションを塗ったあと、その上にパール粒子の細かいハイライトを乗せます。毛先が斜めにカットされた「なた型」のブラシを使うと、骨格にフィットして綺麗に付けられます。ハイライトの付けすぎに気をつけて自然な仕上がりになるよう心がけます。

◎お役立ち情報

Cゾーンとは、こめかみから頬にかけて骨が盛り上がっているC部分の部位を言います。肌のくすみなどで疲れた顔の印象になっている方は、Cゾーンにハイライトを乗せるとくすみがとれて若々しい印象になります。ハイライトは目元に凹凸ができるので輪郭をはっきりさせて小顔効果があります。目元の両脇が明るくなるので、目をぱっちり見せるることもできます。ハイライトのカラーは細かいパールホワイトを乗せると立体感が出て良いです。