用語集

ハイライト

ハイライトは、顔の凹凸を強調することでより美しく小顔に見せる効果が得られます。 顔に使うファンデーションよりも明るいカラーを選ぶことが多いです。 使われるのはパウダーがほとんどで、これらを主に入れるのはおでこや鼻筋が一般的です。 こうすることで、鼻を高く見せメリハリのきいた印象に仕上げることができます。 また、目元のCゾーンに入れたり顎先に入れるとより立体的に見せられます。 ハイライトは光を飛ばして影やしわを目立たなくさせる効果もあります。 そのため、ほうれい線の上につけるとほうれい線が目立たなくなり若々しい印象になります。 また、クマが気になる人も目の下に入れることで疲れた印象を消してくれます。 こうした欠点をサポートしてくれるので、便利なメイク法です。

◎お役立ち情報

顔の立体感を強調してくれるのがハイライトです。 主に使うところはTゾーンや顎先など、顔のパーツの中で高く見せたいところです。 このようなパーツに乗せることで、メリハリのある印象に仕上げて小顔効果もアップします。 ハイライトで使うのは、顔のベースカラーよりも明るい色です。 パール入りが多く、光を反射して影を消してハリとつやのある肌に見せてくれます。 しかし、特にてかりやすいTゾーンはギラギラして見えやすいので、ノンパールのものがおすすめです。