用語集

チーク

メイクアップの時に、意外と重要なのがチークです。 入れる場所によって、顔がほっそり見えたり頬の位置を上に見せることで若々しい印象を与えることができます。 一般的に人気なのがピンクやオレンジカラーです。 ピンクは顔色を明るく華やかにしてくれるため、顔色の悪さやくすみをカバーする効果があります。 また可愛らしい印象になるので、デートや合コンにはぴったりのカラーといえるでしょう。 オレンジは誰にでも合うので、年齢を問わず使えるカラーです。 またオフィシャルなシーンでも使いやすく、ナチュラルな仕上がりになるので定番カラーのひとつです。 チークは顔の形に合った使い方をすると、欠点やコンプレックスを解消できます。 パウダーだけでなくクリームタイプもあり、好みによって使い分けるといいでしょう。

◎お役立ち情報

チークとは一般的には鼻から上半分に入れるメイクのことです。チークを入れることによって、顔全体の血色がよく見えるようになったり、顔に立体感を与え、肌色をより明るく美しく見える効果があります。色はレッド系、ピンク系、ブラウン系、ローズ系、オレンジ系などさまざまですが、色や付け方、つける位置などにより、顔をシャープに見せたり、ふんわりと柔らかい印象を持たせたりすることができます。付ける際はメイクの最後に使うようにし、全体のバランスをとりながらつけていきます。また口紅の色の系統と合わせるようにすると、メイク全体に統一感がでます。