用語集

シャドウ

顔にシャドウをつけることで、顔を小さく引き締まったような印象に仕上げることができます。 使うのは、顔に使うファンデーションよりもワントーン暗めの色をチョイスするとナチュラルに見えます。 使う場所は、フェイスラインに沿っていれるのが一般的ですが、顔の形によって入れるポイントがあります。 例えば丸顔や下膨れ気味の人は頬の外側・下につけます。 顎にはつけないようにすると、ほっそりした卵型に見せることができます。 反対に面長の人は、おでこ周りや顎先につけることで、顔の長さをカバーすることができます。 また小鼻部分に塗ることで、小鼻を小さく整った形に見せることもできます。 シャドウを使うことで顔の欠点が目立たなくする効果があり、ハイライトと合わせて使うとより効果的です。

◎お役立ち情報

「シャドウ」とは「影」のことなのですが、顔に影をつけることで立体感を出すメイク技法のことを指す場合もあります。 モデルや芸能人のすっきりとした小さな顔に魅力を感じる人は多く、小顔に見せたいと考える女性は増えてきています。 整形は時間もかかるしお金もかかってしまうものなのですが、メイクで小顔を演出することもできるので、その方法について調べてみると良いでしょう。 シャドウとハイライトを上手く活用することにより、顔にメリハリが生まれるため小顔が実現できるのです。