用語集

コントロールカラー

コントロールカラーとは肌の色を調節してくれるものです。これは、個々の肌の色によって、使う色が変わってくるのですが、例えば、くすんだ肌の人は「イエロー」系を使うと、にごった肌色や色沈みを明るくカバーしてくれ、健康的な肌へ調整してくれます。また青白い肌色の方では、淡いピンク系を使うと血色がよく見えます。そのように自分の肌色を知り、それに合わせて塗ることで透明感がアップしますし、化粧の仕上がりが違ってきます。コントロールカラーの塗り方ですが、ムラが出ないように顔全体に塗ります。また塗る量にも気を付けましょう。多すぎると色がはっきり出てきてしまい、首との顔のトーンが違いすぎて、化粧浮きしてしまいます。少量をまんべんなく肌全体において丁寧にのばして塗るようにします。

◎お役立ち情報

コントロールカラーとは、肌の色味を整えてくれる化粧品です。顔のくすみやそばかす、赤み、目の下のクマなどを隠す効果もあります。ファンデーションを塗る前にこれを塗っておくと厚塗りを防ぐこともできます。例えば、そばかすやくすみの多い方は、黄色を使い、肌のトーンを上げることによってくすみなどを消していくことができます。また色白だったり顔色が青白く見える方は、淡いピンクを使うと血色がよく見えるようになります。このようにコントロールカラーの色もいくつかあって、自分の肌の特徴に合わせて使うようにすると綺麗な肌に仕上がります。