用語集

グラデーション

美容用語では「グラデーション」はカットやカラーリングの際に用いられます カットの場合、髪の毛の長さに細かい段差をつけてカットし、滑らかなつながりにする技法のことをいいます。縦スライスで引き出したときのカット面が45度以上、90度未満の角度になり、90度に近い角度をハイグラ、45度に近い角度をローグラと表現されます。毛の長さは上が長く、下に行くほど短くなります。髪に厚みがでて、重めの印象になり、ショートヘアやミィデアムヘアによく用いられます。特に、毛先に細かい段が入った丸いシルエットのボブの場合は、グラデーションボブといわれています。 カラーリングの場合、カラー剤の配合や放置時間を変えることで、根元から毛先の色味を徐々に変えていくカラーリングの手法のことをいいます。

◎お役立ち情報

グラデーションを駆使することにより、見ている人を騙すというテクニックがあります。立体的に色を使い分けることによって、自然でつやのいい肌として見せることが可能です。顔の中心には色が薄いもの、ほおから耳にかけては色が濃いものを使うことによりきれいに見せることができ、しみやしわをカバーすることができます。グラデーションは肌に合ったものを使用しないと違和感が出るので、自分に合っているものを探すことが重要です。