ヘアメイク業界の特徴

ヘアメイクの仕事には、いろいろな働き方があります。フリーランスで仕事をしている人もいれば、大手の企業に雇用されている人もいますし、事務所に所属して働いている人もいます。このように、自分の好みや都合に合わせて、働き方を自由に選択することができるという点が、この仕事の大きな特徴と言えるでしょう。著名なタレントやモデルなどを担当する人の場合は、独立して仕事をしている人が多いです。

これらの人は、個人で仕事を請け負ったり、あるいは会社を設立して自分が代表に就任し、何人かのスタッフを採用してチームで仕事をすることもあります。自分のネームバリューを生かして仕事ができるので、このような働き方が可能なのです。また、自分が担当しているモデルやタレントなどの紹介で、新たな顧客を獲得できる機会も多いです。いずれにしても、このような仕事をするためには、人脈が大きな武器になります。

著名な顧客を持っていない人の場合には、企業などに雇用されて働く場合が多いです。この場合の雇用主は、芸能プロダクションや、結婚式場、撮影スタジオなど、さまざまな事業所があります。独立するのが不安な人には、安全で確実な仕事先だと言えるでしょう。

ヘアメイクの資格について

ヘアメイクに関連する資格については、美容や芸能関係の仕事に就こうとしている女性にとって非常に重要なものとして扱われており、少しでも就職や転職などを有利に働かせるためにも、有意義な資格を取得することが求められます。

こうした資格の制度は、大手の民間団体によって定められることがあるため、美容雑誌やファッション雑誌などを利用しながら、常に最新の情報について仕入れることが望まれます。例えば、ヘアメイクの資格を無事に取得することにより、大手の事務所に所属をすることもできるため、将来的に業界の中でキャリアアップを果たしたい場合にももってこいとされます。

近年では、社会人でも資格を取得ができるように、通信講座などを利用している人が増えてきており、求人サイトなどの情報源を活用しながら、理想的な就職先や転職先についてチェックをすることが良いとされます。大手の企業では、様々な機会に採用試験が行われているため、こうした業界について興味を持っている場合には、早いうちからいろいろな企業の試験に関する告知を把握することがポイントです。

将来的にも、若い女性を中心としてこのような職種に対するニーズがさらに高まることが予想されます。

憧れの職業ヘアメイクの魅力

まだ働いていない若い人に、将来の夢を質問すると、人の役に立つ仕事がしたい、と答える人がとても多いです。実際の就職面接でも、人に役立つ仕事や、人に喜ばれる仕事がしたい、と答える場合がほとんどでしょう。人は、自分のための仕事にはあまり面白みを感じません。

例えば、生活費を稼ぐためだけの仕事は、まさしく自分が生きていくための仕事といえますが、これほどつまらないものは他にはないでしょう。人が仕事をするうえでは、単にお金を稼ぐという以上の、奉仕の精神を持つことがとても大切なのです。誰かの役に立っているという実感のない仕事は、何のやりがいも感じられないので、毎日が味気なく感じられてしまいます。

反対に、人の喜ぶ姿を見れば、誰でも私利私欲を忘れて仕事に打ち込めるものです。ヘアメイクの仕事は、相手の美しさを最大限に引き出す仕事ですから、担当する人全てを幸福にすることができる仕事です。これほど、人に必要とされ、喜ばれる仕事も珍しいのではないでしょうか。

まるで魔法をかけるように、人を美しくするヘアメイクという職業は、まさに誰もが憧れる人のために役立つ仕事なのです。特にサービス精神旺盛な人にはおすすめの職業です。

ヘアメイクに必要な技術

ヘアメイクの仕事は、プロのモデルや芸能人のスタイリングを手がけるとても大切な仕事です。芸能人の場合は、歌や踊り、演技などの才能はもちろん大切ですが、外見のイメージもとても重要です。どんな人でも、その人なりの個性やイメージを持っています。その人の個性を損なうような髪型やメイクは、美しく見えないばかりか、その人に対する印象をも悪いものに変えてしまいます。

 

その一方で、少しメイクや髪型を変えるだけで、今まではあまり目立たなかった人でも、驚くほど美しくなって周囲の注目を浴びるようになれるのです。ですから、この仕事につくためには、人の個性を見極めるセンスを持つことが大切です。もちろん、どんなにセンスがあっても、それを表現するための技術がなければどうにもなりません。ですから、まずは美容学校やメイク学校で、ヘアスタイルの作り方や、メイクの技法を基礎から学ぶことはとても大切なことです。

 

その後は、実際にいろいろな人のスタイリングを手がけて経験を重ねるしかありません。実践を積み重ねる事で、瞬時にその人の個性を見極めて、魅力を引き出すことができるテクニックを身につけられるようになるのです。また、技術はもちろんですが、人を美しくしたいという熱意も求められます。

ヘアメイクを目指す方の疑問

ヘアメイクを志している方から、こんな質問をされたことがあります。「ヘアメイクになるために、専門学校に通うとしたら、美容師コースに行けばいいでしょうか?それとも、メイクアップのコースに進むべきでしょうか?」正直、ヘアメイクコースがあれば一番良いのでしょうが、そういったコースが無い場合もあります。
 
第一線で活躍しているヘアメイクの方がアシスタントを募集する場合、サロンで数年勤務されていることが条件となる場合もあったりしますので、美容師資格を手にしておくというのは、間違いなくプラスになります。もちろん現在ヘアメイクとして活躍する方の中にはサロン出身の方も非常に多くいらっしゃいますので、ヘアサロンからキャリアをスタートされるのも一つの道であると言えるでしょう。
 
ヘアメイクの場合、カットやスタイリングという部分での「ヘア」の領域と、モデルやタレントにメイクアップを施す「メイク」の領域、ハイブリッドでこなすことができなくてはならないというのが現実です。もちろん、現役で活躍する方の中でもよりヘアが得意な方、メイクが得意な方というのはいらっしゃいますので、キャリアを重ねる中でそれぞれの腕を磨いていくということもできるでしょう。最終的な到達点はヘアメイクでも、さまざまなルートが考えられるのです。

雑誌や、テレビ・映画・CMなど映像作品に携わるヘアメイクをお探しの場合は、是非当事務所にご相談ください。

スタイリストという仕事

「スタイリストという仕事=服を選んで提案する」というイメージは多くの方が抱くイメージだと思います。当然、さまざまなブランドの最新のアイテムをチェックすることは重要ですが、それだけに縛られていては独創的なスタイリングには到達することはできないものです。
 
雑誌やテレビ・映画・コマーシャルなど要求される場面で、カメラマンやディレクター・監督・編集者などの意向を絶妙に汲み取りながら、自分の色もさりげなく打ち出すことができて、はじめて一流のスタイリストと言えるのです。
 
活躍する上で最大の財産となるのは、やはり経験。どんな仕事においてもそうですが、フリーのスタイリストとして活躍をしている方は「師匠」に当たるスタイリストさんの下で下積みを経験して、多くの技と経験・知識を学ぶことで徐々にステップアップしていかれています。
 
今後、自分もスタイリストを目指したいという方は、今のうちからより多くの知識を蓄えることをお勧めします。服飾の学校で勉強することも大切ですが、街を歩いている人で完全に同じ服装の人間は制服のある学校や職業の方位です。すれ違う人のファッションを細かく見ていくというだけでも勉強になることはあるはず。スタイリストとしての土台を作り上げるのには、決して無駄なことではないと思います。
 
各種メディアのスタイリストをお探しなら、弊社までご相談ください。

カメラマンとフォトグラファーの違いって?

「カメラマン」そして「フォトグラファー」厳密に区別して使っている人というのはなかなか居ないかと思いますが、一般的に言われる両者の違いについて紹介したいと思います。カメラマンは英語的な広い意味からすると「カメラを持つ人」全般を指す言葉となります。

実際には、静止画・ビデオカメラ・映画撮影用のフィルムカメラなどを使い、被写体を収める『撮影技師』としての意味合いをもって使われています。広くは「カメラマン」とされてしまう職業でも、小分類を細かく指している名称があります。

その一つが「フォトグラファー」。日本語のニュアンスで言うと「写真家」。土門拳さんや、荒木経惟さん、篠山紀信さんなど写真にメッセージ性を持たせたり、自らの世界観なども投影して一つの作品として世に送り出すことができる存在は、フォトグラファーと呼ばれる場合が多くあります。

「フォトグラファー」以外には、CMやショートフィルムなどによって映像表現をおこなう人のことは「ビデオグラファー」と呼ばれ、映画における撮影監督のことは「シネマトグラファー」とも呼ばれます。

「カメラマン」という単語だけでも実はさまざまな意味を持ち、奥深い言葉だとおわかりいただけたかと思います。

弊社に所属しているフォトグラファーは独自の世界観を持ちながら、クライアント様のご要望に柔軟に対応が可能です。カメラマンの紹介が可能な事務所をお探しでしたら、ご相談ください。

良いヘアメイクアーティストの条件とは?

「将来、タレントさんを担当できるようなヘアメイクアーティストになりたい!」と希望を抱いている学生さんなどもたくさんいらっしゃるかと思いますので、良いヘアメイクアーアーティストとなるための条件を考えてみました。

・技術を磨き続け、自分自身を対して常に厳しくいられる人

美容系の専門学校を出たら、美容師免許を手にしたら、ヘアメイクが所属する事務所に籍を置いたら、そのままいきなり一人前かと言われれば、まったくもって違うことはわかるかと思います。大切なのは、自分自身の技術をきちんと磨くことができること。
そのためには、厳しい目を持って自分自身と対峙することができる人の方が、より良いヘアメイクアーティストになる可能性があると思います。

・流行に敏感であること、そしてさらに流行の先を行こうとする心

流行に敏感であることももちろん大切ですが、自分で『流行を作って行こう』とする尖鋭的な感覚も持ち合わせていているヘアメイクアーティストであれば、雑誌やCM、ショーなどさまざまな方面から声がかかることでしょう。

『良い』といっても尺度は人それぞれだとは思いますが、ここで紹介させていただいたことは、活躍の場を広げているヘアメイクアーティストたちは、間違いなく持ち合せている『良いヘアメイクアーティストとしての最低条件』のような気もします。

これから第一線で活躍することを目指す人であれば、心に留めておいて損はしないはずです。

弊社は優秀なヘアメイクアーティストを多数ご紹介することが可能な事務所ですので、撮影の際にヘアメイクをお探しの場合はご相談ください。

スタイリストに必要な3つの力

「服が好きだから」「ファッションが好きだから」スタイリストになった方には、そんなきっかけがありますが、もちろん、それ以上のモノを持っていたからこそ活躍できているわけです。「服が好き」、「ファッションが好き」と口にしている人なら山ほどいます、でもその多くは自分自身がそれらを身につけることが好きな人。

スタイリストとして活躍するには『想像力』が必要となるのです。

撮影のためにモデルの姿を頭に思い浮かべながら、「どんな服やアイテムを身につけたら、一番輝いて見えるのか?」「どんな服に袖を通したら、幸せを感じてもらえるのか?」そんなことを意識しながら、トータルコーディネートを完成させていかなくてはなりません。

また『調整能力』も必要となります。

撮影のために衣装協力を得るためには、メーカーから「リース(衣装の貸出)」をしてもらう必要があるからです。そして、撮影現場においてはクライアントの意思も尊重しながら、トレンドをきちんと取り入れ、モデルにも着る喜びを感じてもらえる服を提供する必要があります。多くの方が目にし、そして「自分もあんな服を着てみたい」と思ってもらえるような服を選ぶには、撮影に関わるすべての人に納得してもらう必要があるのです。

最後に必要なのは「体力」。

どんな仕事でも体力は必要となりますが、華やかな仕事でありながら不規則な時間で働くスタイリストというのは、とても体力が必要なのです。

弊社が手配可能なスタイリスト陣はタレントのスタイリングをはじめ、雑誌・CM・イベントなどで幅広く活躍中です。ハイセンスなスタイリストをお探しでしたら、弊社にお任せください。